いま集合的無意識を、

いま集合的無意識を、

神林長平さんの「いま集合的無意識を、」(ハヤカワ文庫)を読みました。 若くして亡くなったSF作家の伊藤計劃と名乗る存在との「さえずり」上でのやりとり、 という形で語られる表題作と、いくつかの短編が収録されてます。 私が一番興味をひかれたのは表題…