血界戦線

血界戦線 第9巻

内藤泰弘さんの「血界戦線」第9巻(集英社)を読みました。 (以前の感想はこちら→第6巻 第7巻) 「鰓呼吸ブルース」というサブタイトルが付いていたので 半魚人のツェッドが活躍する巻かと思ったら むしろツェッドが皆に愛される巻でした。 ええ、全然問題…

血界戦線 第7巻

内藤泰弘さんの「血界戦線」第7巻(集英社)を読みました。 みんながかわいい巻でした。 って書いてから第6巻の時の感想見たら「みんなかわいい」って書いてた。 私にとってこの漫画そういう位置づけなのか。 私の偏りまくったバイアス差っ引いても「楽しい…

血界戦線 第6巻

内藤康弘さんの「血界戦線」第6巻(集英社)を読みました。 アメコミ的生物(と書いてクリーチャーと読む的な)が闊歩する場所へと 変化してしまった元ニューヨークを舞台に、 それら異世界のものが与える影響で世界が滅びないように 密かに活躍する秘密結社…