読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング21・22号 #112

おー、今回の表紙もカッコいいなあ。

ドリさんの後ろからほぼ同じ高さの目線で試合を見てて

迫力と臨場感があります。

添えられている

「ここ、最終ラインでは敵の最前線と衝突するタフさが要求される」

って一文もいいです。

 

続きからネタバレ感想

 

 

試合は先週のヴィクトリー側にボールが渡った所から。

後手に回ってしまって攻撃を止められず、

危ない場面まで持っていかれてしまうETU。

クロー!ほら言わんこっちゃない!

 

本当にサッカーのことよく知らないので見当はずれかもしれませんが、

あれはそのままゴールに向かわれてもおかしくないような人に

ボールが渡った所で予想外にパスを出されて

おっつかなかった、ってことなんでしょうか。

単調な攻撃からピンチを招いてしまったヴィクトリーが

そのきっかけとなった三雲が敵の攻撃を止めて

他のメンバーが敵の裏をかくパスをして

一度弱点を突かれた堀がゴールを決めれば、

一矢報いたというような展開になったかもしれないんですが、

ガミさんが止めてくれました!うおかっこいい!

姿は現さなくてもしっかり試合を見てたんだなあ。

その本人のリアクションが

「いやー 危ねーっ」

ってのがガミさんらしくていいな。

 

そんでまさかの山さん(子)の大ゴマ。そして重い一言。

とんだ伏兵だったなあの親子…

 

ヴィクトリーのハーフタイムがあっさり終わったなと思っていたら

平泉監督の口から思わぬ発言が。

ほほー!面白いなー。なるほどなるほど。

問題解決ってのは何が問題かというのが分かってないと出来ないんですもんね。

後半のヴィクトリーの出方が楽しみになってきました。