アニメ第5話

最初はアニメの方まで感想は書かないつもりだったんですが、

見るとやっぱり何か書きたくなるようなので

カテゴリ分けてみました。

 

ほっぺた膨らませてる有里ちゃんかわいいのうと

和やかに見始めたはずなのに

いつのまにか叫んでいました。

原作何回も読んでるはずなのになあ。叫んじゃうよあれは…

 

続きにもうちょっと

 

 

ハーフタイム後に回想シーンと村越の表情が入ってたのは

アニメのオリジナルでしたが、

今回が村越の話だ、という印象が強められていて

良かったと思いました。

 

そのハーフタイムですが

王子の発言に対する赤崎の反応が

イメージと違ってちょっとムズムズしたのは私だけですかね(笑)

黒田がうるさくて愛おしいなあ。

 

あ、矢野は黒髪なのか。

 

試合はアラもあるのかもしれませんが

両チームともがガンガン攻撃する盛り上がりを感じて

原作読んでるし、試合内容も知ってるはずなのに

危ない場面とか、惜しかった場面とか

いちいち反応してしまいました。

原作読んでる時と同じような「波」に

アニメでもまた乗らせてもらえたのは嬉しかったです。

 

ETUのサッカーを見て

久しぶりにワクワクしてるコータの描写がかわいかったです。

 

ドリさんがちょいちょい面白くてどうしよう。

今回は目の焦点がなんか…

椿を励ます場面とかは、

まっとうにカッコいいんですが、ですが…(笑)

 

自分のしでかした事に顔も上げられない椿。

最初はこうだったんだよなぁ。

今の椿を思うと感慨深いです。ここからだ。

 

そしてあの場面。

 

「うおああっ!!」

 

うわあああああ!

 

叫んでしまったよ…

 

欲を言えば、サポーターの歓声の迫力がもう一声欲しかったです。

ヴィクトリー側の大声援も、ゴール後の大歓声も

地鳴り、とまではいかなかったかなと。

音声だけでなく、全体的に

原作のような、ゾワゾワゾワっとする雰囲気を

もう一押しあれば感じられそうなんですが…

 

最後の目玉が次回予告でした。

有里ちゃん朝からご苦労様です(笑)

ETUのメンバーが出揃うのもワクワクするけど、

個性豊かな他チームの監督がズラズラ出てくるのも

テンション上がるー!

「そしてこちらが…」

ソノダくんだ!

うわもう楽しみでしょうがない。