アニメ第9話

冒頭と終盤の雰囲気の差が大きい回でした。

 

そんでなんといっても、後藤さーん!

 

続きからもうちょっと

 

 

前回カットされたいたサポーター関連の描写は

今回まとめて放送されてました。

新旧サポーターのぶつかりであったり、

連敗続きの結果にとうとうバスを囲んでしまう行動に出たり、

と見てて楽しい話題ではない上に、

原作では試合の合間に描かれていたエピソードもまとめて

冒頭にドカッと放送されるのでなかなかキツかったです。

しかし原作でも答えが出ていないサポーターの問題は

アニメの方ではどうするつもりなんでしょうか。

原作に忠実に、ということであれば

アニメしか見てない人はモヤッっとしたまま

終ってしまいそうなんですが…

 

そんな中で見せられた後藤さんの男気には

知ってても胸が熱くなりました。

調子が良いときは誰でも応援してくれますが

日本での実績はなく、連敗続きで、自分の首をかけてまで

あそこまで絶対的な信頼を寄せられるってのは…後藤はーん!

 

こぶし震えすぎ、足速すぎ、な悩む椿の描写は

動きのあるアニメならではで楽しかったです。

有里ちゃんと椿が話すシーンは後ろのホワイトボードの

内容が気になるな…と思ったら最後にクローズアップされたよ。

こういうところも細かく作ってるよ、ってアピールなの?(笑)

くつひも忘れたの誰なんだろ。

 

サポーターも後藤さんの首も藤澤さんの堪忍袋の緒も

そろそろ限界いっぱいだ!と煽る煽る。

不破監督との因縁、変わってきた選手の意識、と

舞台が揃って行く様子にワクワクさせられます。

あ、藤澤さんの記事がちゃんと文が書かれていたようなので

内容が気になりました。

 

今まで外国人監督などとの会話シーンは

若干固さが感じられてたので、

個人的にもお気に入りのブラジル3人組は

どんなふうになってるのかと思ったら

テンポも良くて、マイペースな感じもちゃんと出てて

すごくかわいかったです。

子供のボールでついつい遊んじゃう所は

どこまで現実の感じを再現できてるのかは私には判断できませんが

気合が入ってるのは分かりました(笑)

子供のお父さん「神だ…!」って、

テンション上がっちゃったのなー(笑)

 

さあ次回はキックオフ。

試合ももちろんですが、

ドミンゴは、あの伝説のドミンゴは次回で出るのか…