モーニング15号 #200

ジャイキリ200回目の連載です。#100から始めたのでこの感想もちょうど100回目。

モーニングは表紙と巻頭カラーにもなっていて、

達海の満面の笑みの表紙がとても眩しい…!いまだに見るたびに「うっ」となってしまう。

そして目次ページの、亡くなられたおじいさんが愛用していた水彩紙を

使って描かれたものだという話を読んでまた涙。

 

続きからネタバレ感想

 

 

初めて見る山形のユニフォームのカラーリング。この色合いは好きです。

青色がちょっと優しい感じなのがいいですね。

って状況はそんな悠長な事を言っている訳にはいかんのですが!

仕方がない面があったとはいえ、コシさんのマークが外れたところに

小森にフリーでボールが!ガミさんが対応しに行ってくれたけれども

アピールした菅野、ではなく意表を付いてパスはクロの影から狙ってた丸岡に!

ギャー!入るー!

と思ったけど佐野が止めてくれましたよ!よく反応してくれた!

ゴールの真ん前だったしドンピシャだったし、入ってしまうと思ったよー…

菅ちゃんは残念。しかしマークに付いてた杉江がカラーで見られたので

君はいい仕事をしてくれた。個人的に。

 

ボールは依然ETUのゴール前でピンチは継続中。

クリアしようとしたクロに猛然と迫る凄い形相のメンデスさん。鬼や!山形の青い鬼や!

さすがのクロも一瞬引いてしまうド迫力です。

今ちょうどアニメで同じ様にガタイのいいハウアーに真っ向勝負してる

勇ましいクロの姿を見てるだけに、今回との対比にちょっと笑ってしまう。

怯んでしまった影響でクリアも半端なものに…

赤崎「何やってんだハゲ!!」

赤崎はベンチに引っ込んでも元気です。

 

ボールはまた小森へ。戻ってきたコシさんが付きますが

前がだめなら後ろだよ、ってそこには瀬古さんが!

正直スゴイけどやめてー!もうやめたげてー!

幸い枠は外れたけど、小森勢いノってきちゃいましたね。

味方なら、味方ならこういうのすごい好きなんですけど…!

当然山形サポーターも盛り上がってきます。

そうだよねえ。ああいうの見たらワクワクしてくるよね。

 

瀬古さんを捕まえきれない堀田さんの様子を見て交代の指示を出す達海。

その原因の「ETUが不利な点」がここで語られます。

山形は中3日でのホーム、対してETUは中2日でのアウェー、つまり日程の事でした。

試合間隔が短いのでゲームには入りやすかったが、

コンディションに関してはどうしたって山形の方が上だと。

早めに試合を決めておきたい、だけど山形は堅守のチーム、

そこをどうこじ開けるか、前半のあの作戦だったんですかね。

しかし点差は1点、流れがこっちにあるうちに、もう1点取って決めておきたかったけれども

日程や前半序盤で飛ばしたこと、試合を決めるために前掛かりになったこと、

佐倉監督がリスクを負ってでも選手を信じ、システムを変えてきた事などから

流れが山形の方に傾いてしまっている。

達海はそれをなんとか断ち切ろうと殿山くんを入れるつもりのようですが

プロでやってきたとはいえ、新戦力の彼をこの局面で投入するとは

結構大胆なように思ったのですが、それだけの力が彼にあるんでしょうか。

佐倉監督のデータに入ってない選手を入れようってことなのかな。

 

交代のタイミングって難しいものです。

交代の選手が出てきてからピッチに入るのを待っている間に危惧していたことが

起こってしまうのは実際の試合でもよく見ることではありますが…ああああああ。

匂わされていたとはいえ、今回「もう入る!」と思った場面が何度もあったとはいえ、

交代すれば凌げるか、ってとこだっただけに…!

レ、レッドなんですかね?フリーキックどこらへんからなんですかね?

そんで殿山くんは存在感をこんどこそ発揮できるんですかね…