モーニング34号 #217

前回影も形も無かったので期待しすぎはいけないな、と

自分に言い聞かせながら読んでいたんですがあああああ

あああああごっそさんでしたあああああ!

 

続きからネタバレ感想

 

 

星野のセーブから川崎がカウンターを仕掛け、

八谷にボールが渡った所から、となってます。

前年の快進撃の影の取りこぼした勝ち点の事を悔みつつ、

それを踏まえて今年にかける意気込みを見せる八谷。

「男同士裸一貫での対決を好む熱いヤツ」などと

なんかカッコいいハシラの文句までつけてもらってます。ぬう、ナマイキに。

八谷がパスを出したコマ、やはりマッチアップは椿とになるみたいなんですが

今回の八谷対策ってどうなってるんですかね。

また単純に釣られるような事があっても面白いのに。

 

八谷からのボールを姜ちゃんが胸で受けて…えっパス?

攻撃に積極的な姜ちゃんが?

しかも駆け上がって来た草野はガブの相手。思いっきり後ろ取られてます。

うわああ危惧していたことがいきなり。

ガブのタイプから言ってしょうがないし織り込み済みなんだろうとは思うけど

ますいんじゃないのこれ、って所で冷静な杉江の観察眼と的確な指示ですよ。

エヘーーー…

競り勝ったクロも偉い!ってクロとロドリゴのツルツルマッチアップも前と同じなのか。

ちゃんとクリアしときたい大事な所、で

存在感の薄い殿山くんとスピードのある椿がお互い気付かず味方同士で衝突!

こぼれたボールに…やばいやばい浅香来たやばい!

というピンチを杉江が落ち着いてクリアですよきゃああああ!

失点の仕方も色々ありますが、こういうミスでの失点って

観客として見てたらガックリくるし腹も立てるかもしれないと思うんですよ。

同じチームで戦ってる選手としたらなおさらそういう感情は強いんじゃないかとも

思うんですが、どうですか杉江のその後の対処ったら、どうですか。

コシさんのビシッと締めるリーダーシップとはまた違うけど、

一喝した後は、初めて組む難しさもフォローして、

「噛み合ったら面白いコンビになると思うぜ?

 相手の特徴よく考えて動けよ」

って笑顔で!きらめく笑顔で!(フィルターon)いいとこ引き出すような言葉まで!

自分はすぐ感情的になってイラついてしまうことが多いので本気で尊敬しますわ…

できたお人だよお。

素敵だ素敵だと思っていたけど、予想を上回る素敵さをお持ちだったようで。

どこまで行くの。あなたの素敵さどこまで行くの。どこまでだって構わないけど。

 

ホームなのでベンチ外のETUメンバーも観客席で観戦してるみたいです。

広井と向井は並ばれるとごっちゃになる。鈴木は白ポロ似合うな。

今まで世良が居たのでそれほど目立ちませんでしたが、

居なくなって矢野が「お調子者」なのが浮き彫りになった感じですね(笑)

周りの空気にも気付かず滔々と地雷を語り続けるのはどうかしたほうがいいと思うけど

言ってる内容はまったく正しいな!

な、なんだよ矢野…いい事言うじゃねえか…ファンになってやろうか(上から)

コンビのクロがただの「暴れん坊」扱いなのに笑う。

矢野にこう思われてるようでは陰キャプ止まりだぜクロ(笑)

コシさんの反応がちょっと意外でしたが、堀田さんが言うように

肩の力が取れて来たのならいいことだ。

荷物をずっと背負い過ぎてきた人だからなあ。

そしてそれを意図して杉江をゲームキャプテンにしたのかもしれないと

達海の考えに思いをはせる堀田さんが

「(達海さんなら そんぐらい考えてそうだもんな)」

と思うのも感慨深い。

以前のやはり川崎戦で今後どうしていくのか悩んでいた時に掛けられた達海の言葉に

「(そんなことを… 俺がわかってないとでも思ってんのかあの人は…!)」

と思っていた堀田さんがねえ…

 

そして笠野のおじさんは「相互理解が大切」という、とてもいい事を言った上で

さらにとんでもない爆弾を残して去って行ったのです…

その「随分若い」!「元タレントの」!「カミさん」!には

コシさんから口説いたんですかカミさんの方から迫ったんですか!?

中継とかスポーツ番組経由ですか!?

うおお気になるー!どっちにしても想像が追いつかん!

しかし披露宴の燕尾服だかタキシードだかは

新郎に似合わなそうだったろうなと思う。

参列した関係者はツッコみたい所が満載だったろうなと思う。

(でも言えない)

 

ETUは新入りがスタメンなため、連携確認で手一杯、

川崎の方がいいゲームの入り方が出来ていると読む八谷。

くやしいけど、当たってるだけにな…

守備の不安定さには味方のクロも気がそぞろ。それをロドリゴに狙われて…

って、こんな守備だからこそクロがしっかりしてくれないと!

頼むよクロ!