読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング35号 #218

前の記事を書いた時に落ち着きかけていた腹具合が

またおかしくなってきたので病院に行ったら先生に

「お腹の中が学園祭です」って言われました。

先生、この学園祭楽しくないです!

 

さてジャイキリ

ピッチの中も外も…

 

続きからネタバレ感想

 

 

ピッチの中も外もいきなり思わしくない状況になりましたが

これは今後巻き返せる前振り…になるんでしょうか?

 

ETUメンバーは前回の対戦の雪辱を果たそうと気合い満点で入ったものの

「なめてもらっては困る」と語るネルソン監督の言葉があっさり実現化。

あー!

もークロは人の事より自分のことしっかりしてー!

ただ、このゴールはあっさり入っただけあって、そこまでの積み上げが少ないというか

ドラマの上での重みがそこまでなさそうなんですよね。

このまま膠着状態になるというよりは、試合前の様子からしても打ち合いになるのかな。

ともかく、こうなったらETUの方にも得点が欲しい所なんですが、

いつもと違うキャプテンという立場を任されたこの試合で

早々に失点してしまった杉江の心理を

微に入り細を穿ちたっっぷり描いてくれたって僕は全然構わない。

そう、「くっ」だけじゃなくってさあああ!もっと!ヘイ、もっと!

 

そんな個人的思惑とは違い、ETUフロント陣にとってはもっと早めに

ETUのちょっといいとこ見せたげないとマズイみたいな雰囲気に。

笠野さんが助け舟を出してくれましたが、あくまで助け舟であって、

スポンサー副社長は決して間違った事を言ってるわけではないんですよね。

特に「君達はいいサッカーをしたところでそれを誰に見せようというのか」という台詞。

ETUの試合をもっと多くの人に見てもらおうと積極的に自ら働きかけてたのは

有里ちゃんしか思い出せないような状況だしなあ…

スポンサーが撤退してETUがさらに厳しい状況になって欲しくはないですが、

フロント陣の考えや姿勢には、良いテコ入れになればいいなと思います。

 

試合の事を誰かと分かち合って話したい、ひとりぼっち観戦のゴローさん。

私も連れが見つからなかったけどどうしても見たくて一人で観戦したことがあるので

「(…とかいう話を…)」「(誰かとしてーなー)」

と思うゴローさんの気持ちは分かる分かる(笑)

でもどうやら、ひとりじゃないって素敵な事ね、になりそうな感じ?

話し方からするとシゲちゃんっぽいですが、今度は熱くなりすぎないでくれるかな。

コータ達子供もいることですし。