読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング1号 #232

ふ、複雑な気持ち…

 

続きからネタバレ感想

 

 

前回ラストでジーノが4点目を決め、今回冒頭ではすでに試合終了直前のようです。

そしてキヨがボールを蹴り上げた所で試合終了の笛。

ETU、川崎に雪辱を果たしました!

ハシラに書かれてる言葉によると、これで6位浮上とのことです。おおすげえ。

万年下位をさまよってたチームがここまで来たとなると

ETU関係者以外の人々にも注目されるんじゃないの、と思ったらすぐにそんなことが。

それについてはまた後ほど。

 

勝ったのはもちろん嬉しいですよ。嬉しいですがしかし、

「杉江がゲームキャプテン」という至福の時間がとうとう終わりを

告げてしまった…

守備に不安の残るメンバーで川崎と戦って勝てたんだから

出来すぎと言ってもいいくらいなんですが、でも寂しい。

まぶたの裏によみがえる数々の勇姿、落ち着いていながら相手を鼓舞する言葉、

輝くキャプテンマーク…ああ、ああ!すべてが素晴らしかった…

この思い出を胸に、きっとあるであろう単行本表紙の姿を期待して今後は待ちます。

影も形も表紙に無かったら泣くかもしんない。

あと今回の活躍が認められてどこかに引き抜かれたりしませんように!

 

この勝利でフロント陣も一安心、でしょうか。

笠野さんが求めた握手に副社長も応えてくれて、いい感じ…のコマはあるんですが

それだけか。まあすぐに答えが出る訳でもないでしょうが

なにも明言されてないので、この問題もまだ引き続き心配ですね。

スポンサー問題も深刻だけど、笠野さん以外が頼りにならなかったのが

これまた心配…

 

笑顔の笠野さんとは対照的に当然ながらムスっとした顔で握手を求めてるのが

ピッチ上の八谷。

椿がお礼を言いながら差し出した手を「バチッ」っと。大人げないな!(笑)

椿から求めてきたのを撥ねつけるならまだしも、自分から手を差し出しといて!

最終的には俺たちが勝つ、と締めながらも椿の働きを認める発言もしていたので

あれが八谷なりの精一杯の讃える態度、なのかなあ。

力があるからこそムカつく、みたいな。

なんにしろ一方的に盛り上がられるからロックオンされると迷惑ですよね(笑)

それだけ熱い気持ちがあるからなんですけど。

 

シゲちゃんやおじいさんサポとの再会をしみじみ喜ぶゴローさん。

しかしおじいさん達によれば、かつてのサポーターで今もスタジアムに来てる人は

他にもいるらしいです。ゴローさん、知らないことだらけだな。

これは今後どういう風に影響するんですかね?

どういう気持ちでスタジアムに来続けてる人達なのかによって

ゴローさん達の意識にまた影響を及ぼすようになるのかな。

 

日が変わり…竹森書店に「フットボールダイジェストまだあるー!?」と

ドタバタ駆け込んでくるコータ達。

うはは。名古屋戦の後と一緒だ。

違うのは店主のおっちゃんがフットボールダイジェストを手にしていたこと、

そしてそれがETU特集号だったこと。

おっちゃん、いつから待ち構えてたの(笑)

ETUが特集組まれるくらい注目される日がとうとう来たかー!うんうん嬉しいよね。

そういう時は早目に買わないと地元ではすぐに売り切れてたりするから

コータ達は正解だ。

いつもは立ち読みだけど今回は買おうと思うのは皆同じなのだね…

 

世間的にも注目されてきて順風満帆な感じのETU…に

ネルソン監督が忠告しようとして、やめていった事が気になりますね。

うん…正直川崎戦も勝っちゃったら上手く行き過ぎかなとも思ってた…

なんだろ、このあたりの順位で戦う事に慣れてない選手達が

調子狂っちゃうとか、相手がETU舐めてかかれないなと本腰入れてくるとかかな。

スポンサー問題もどうなるか分かんないしな。

達海は今まで問題点とか起こるであろう問題のことは分かってたり

心構えができてた感じですが、

ネルソン監督が暗示していった事についてはどうなんでしょうか。

全く予想してなかった問題にぶち当たった時、達海がどうするのか

見てみたい気もします。

あ、それも最終的にはなんとかしてくれるだろうって思ってるからなんですけどね。