ニューヨークの魔法使い

シャンナ・スウェンドソンさんの「ニューヨークの魔法使い」(創元推理文庫

を読みました。面白かった!

 

主人公の女性が真面目で普通で、

異性にはいいとこ「妹」止まりの印象しか持ってもらえないという、

海外物の主人公なのに割と地味な所がいいです(笑)

でもいい子。

 

服は実用一点張りとか、ホントはカプチーノが好きだけど、

節約のために普段はコーヒーしか頼まないという慎ましい(笑)所も

日本の人の共感を得やすい所だったのかもしれません。

 

アマゾンの感想を見たら、日本で人気が出て、

本国で続編の出版が危ぶまれた時も

日本の出版先駆けて行われたっていうエピソードが面白いですね。

 

以下はネタバレになりますので続きからどうぞ。

 

 

田舎からニューヨークに出てきたら変な格好してる人をよく見かけるんだけど

いちいち反応してたら田舎者丸出しだからスルーしなきゃ!と思っていたら、

実は主人公は特殊な体質で、

見えていたのはそのまんま妖精やガーゴイルだったという。

 

その体質のおかげで新しい仕事に就くことになるわけですが、

ニューヨークではなんの取り柄にもならない、と思っていた過去の経験が

思ってもみなかった事で役に立ったり、

コンプレックスさえ持っていた「普通だ」という事が、

そのバランス感覚こそが大切になる、

分かったりする所は読んでいて元気づけられます。

 

ファンタジー部分だけでなくて、オフィスでのちょっとした行動で

同僚の印象をすっかり悪くしてしまってあちゃー、とか

機嫌がコロコロ変わる上司に苦労したりとか、

実際にもあるあるって話も書かれているので、

働く女性には共感呼ぶ部分が多そう。

 

シリーズで続きもあるようなので、探してみようと思います。