光の大社員 第4巻

「OYSTER」(正しくはOの上に点が二つ)さんの

「光の大社員」(双葉社)の4巻を読みました。

 

「社員の中において最も光り輝く大社員となってみせるぞ!!」が口癖…決め台詞?

いやちっとも大社員になってないから口癖でいいや、の主人公「輝戸光」をはじめとする

おもちゃ会社アルクメの周囲の人々の4コマギャグ漫画です。

 

最近多いコマの形だけ4コマの普通の漫画とか女の子ばっかりの漫画とかじゃない、

ちゃんとした4コマギャグ漫画だよ!

だからネタ出し大変だろうなって思うし刊行遅いのも、さもありなん。

 

主人公の輝戸君は口癖の通り暑苦しいタイプなんですが、ギャグ漫画なんで

周りの人の方が結構変で意外とツッコミにまわってる事が多い。

もはや口癖で始まる冒頭のお約束の所しかボケになってないんじゃないかと

思ったら、そこでも結構ツッコミやってたな!

 

ライバルの伊達君はステレオタイプのキザな奴、という登場ながら、

一人暮らしの生活感あふれるあるあるネタの担い手でした。

テレビにツッコミ入れてるうちに米を何合計ったか忘れるとかのが好きだ。

4巻では洗い忘れたタオルのまだキレイな所を探すのとか。

 

先輩たまきさんのボケは狙ってない可愛さで好きです。

あと彼女の飼い猫は見た目が可愛くない、という設定のはずなのに

4巻は普通に可愛かったぞ!可愛かったぞ!

 逆にちょっとあざとい可愛さなのは忍者OLのすずなさんですね。

それもまたいいものだ。

 

4巻の忍者係長:通常運転。

 

社長の人が見てないととことんサボるタイプというのに親近感。

でも社長はいつも真面目って訳でもないよね?

 

おかげでちはるさんは4巻でも苦労続き。

 

宮代主任は結婚か。こういうマッドサイエンティスト役の人が結婚って珍しいような。

ピエロに何持たせるか、のネタが好きだなと思ったら、これオチは伊達君か。

ちょっと結婚して温くなって来てんじゃないスかねえ!(ひがみ)

 

新キャラの日本人すぎる外国人ヘンリーさんネタも面白かったです。

すきやき、しょうが焼き…を頬張ったまま口に押し込む白い飯最強!

のテンション笑いました。

 

レギュラーキャラはこの他にあと2、3人います(適当)

あ、詳しくは単行本で!とか言えばいいのか。

 

絵も可愛いし上手いし、ギャグ漫画で基本どの巻から読んでも楽しめるので

もっと人気出ないかなーと思ってる作家さんです。

 

この他には芳文社から出ている「毎週火曜はチューズデイ!」という4コマも好きです。

こちらは1巻で完結しています。しています、が、これ出てくるのが

無名のネズミばっかりという、よくやりとげたな!という漫画です。

全編に渡っていかに「チュー」という単語を使ってギャグにするかという

想像するだけで凄い事をサラッと、しかも可愛く成し遂げている漫画なので

気になった方はぜひ。