タケヲちゃん物怪録 第3巻

とよ田みのるさんの「タケヲちゃん物怪録」(小学館)第3巻を読みました。

第2巻の時の感想はこちら

 

相変わらずいい人(妖怪)ばっかりで、ほっこりできる所はそのままに、

物語の根幹に関わる動きも見られた第3巻です。

個人的には、とよ田作品特有の「空に『ガー』の効果音」付きで

広島駅が出てきた事に感動。うおお…タケヲちゃん達がこっち来とるで…

 

ネタバレも含みますので以下続きからどうぞ。

 

 

この漫画の妖怪は人がいいやつばっかりなので、

河童達の「皆の困る顔は見たくないか…」「見たい!!!」「見たすぎる!!!!」が

新鮮なくらいでした。妖怪のイメージってこっちがスタンダードよね(笑)

そんな河童も結局いいやつなんですが。

 

「ぐぼ」はどこから出してんだと思いつつも、なんか河童らしいと思いました。

「ゴッボァァァ」の見開きはいいですよねえ。

スピード感があって迫力があってかわいい。

とよ田先生の絵は本当に見てて楽しいです。

 

そんな河童の話でも、いい感じにタケヲちゃんがハッピーに近付いてると思ったんですが

新キャラクターの登場に続いてタケヲちゃんの心の奥底の秘密が明らかになる事に。

あー、やっぱり一筋縄では行かないかー。

 

ラブロマ」では自分と違うネギちゃんに惹かれた事でホシノ君が変わっていきましたが

タケヲちゃんはどういう風に変わっていくのでしょうか。

第3巻のおばあちゃんの話はきっかけのひとつになるのでしょうが、

妖怪とのエピソードにも変化があるのかな。

 

よくあるのは、「私が必要とされてるのは『陰の気』があるからなんだ…」

的なのとかですよね。

タケヲちゃんの妖怪は口では「その通りだ」とか言いつつ、

どっぷり肩入れしてそうだけど。若さまとか特に。

妖怪物ならではの展開が見れたらなと思います。

 

第3巻では敵陣営からの動きもありました。

元凶の神野の手先らしい、山田さんの登場…なんですが、

この人も結局まるっきり「悪」という感じがしないんですよねえ。

妖怪と交流を深めるタケヲちゃんを見て「馬鹿らしい」とか「愚か」ではなく

「妬ましい」って言う所とかが。

 

妬ましい、って事は幸せはいいもの、と捉えているんだと思えるんですよね。

心の引っかかりが取れたら、いい人になりそうなんだよなあ。

とよ田ワールドの住人だし(笑)

 

みんなが幸せになれる事を期待しつつ、次巻を待ちたいと思います。

個人的にはもうちょっと広島に居てくれてもいいけど。