さわやかサバイバー

好きな作品の感想を書いています。カテゴリー一覧は現在更新中のものと記事数が多いものが上部にあり、その下は50音順で並んでいます。

新九郎、奔る! 第8集感想

新九郎、奔る!(ゆうきまさみ 小学館)の第8集感想です。

 

伯父上、伊勢貞親の死が告げられた第7集の最後。それを皮切りにするかのように世代交代が一気に進んでいきます。第1集から登場して読者に強烈な印象を残し、また歴史を動かしてきた人物が退場していく様子が、大きな流れが一回りしたんだなと感じました。

 

続きからネタバレ感想

続きを読む

プリンタニア・ニッポン 第2巻感想(第26話~)

Twitterで書いたプリンタニア・ニッポンの感想まとめです。感想を書き始めたのが第26話なので、それ以降のもののみです。ご了承ください。

 

続きからネタバレ感想

続きを読む

セトウツミ

オッドタクシー脚本の此元先生のセトウツミが無料配信してるじゃないのー、と軽い気持ちで読んで即その後も購入して全巻読破したんですけど、そういう方向から刺さるとは思わなかったー!
紹介文でダベり漫画で終わらないとわかってたけどー!太陽と月コンビー!そういうの弱いー!


みなさんご存知の通り、月タイプからの感情のベクトルはフィクションにおいてわかりやすく描かれてるものなんですが、太陽タイプからのベクトルも包み込むように大きくて…まぶしくて…読後何度も波のように私の心をさらっていくわけで…


にしても他の人にてらいなく「スーパースター」と瀬戸のこと紹介しちゃう内海、なに?なんなの?そしてかわいいアホに見えてマジでスーパースターの瀬戸、期待を越えるにも程がある。


深夜テンションでゲラになってるふたりがかわいい「アルコールとドラッグ」回がお気に入りです。キャラではまさかの洞察力と行動力のハツ美ちゃんも好き。

やりとりでは「今日カレーの初日やで!」「何日か続くの前提やん」とか、
「巻き付けんねん」「クルリって言って」「親方を裏方にクルリすんねん」とか特に好きです。クルリ採用してあげるんだ。


全体的にはシニカルで少し引いた目線から描いているのに、ここぞというときにまっすぐエモーショナルに切り込んでくるからギャップでやられるんですよね。親友認定だったことを知った内海の表情…

そういう初回でわかる心情の他に、オッドタクシーもそうだったように、最後まで読んでから再読したときに発見する感情がこぼれた台詞や行動に胸かきむしったり頭抱えたり、お前ーっ!って叫んだりして深みにはまるわけですよ。いやー面白い。

 

 

 

オッドタクシー ノベライズ版

テレビアニメ「オッドタクシー」のノベライズ版(涌井学著 此元和津也脚本 小学館文庫)の感想です。

アニメ全話視聴済み、最終話までのネタバレを含む感想ですのでご注意ください。

 

続きからネタバレ感想

続きを読む

灼熱カバディ #10~

原作漫画ファンによるアニメ版灼熱カバディの感想です。

 

※今回、直接内容には触れていませんが、原作についても触れています。アニメの内容だけで楽しみたい方はご注意ください。

 

続きから第10話感想

続きを読む

灼熱カバディ #9「意地の勝負」

原作漫画ファンによるアニメ版灼熱カバディの感想です。公式Twitterや放送時に公開されている情報以上のネタバレはしないつもりですが、ポロっと出ることがあるかもしれません。ご了承ください。

 

続きから第9話感想

続きを読む