モーニング28号 #166

パッカ大明神みたいな感じになってる今週のモーニング表紙。

W杯に講談社漫画賞受賞に単行本15巻にテレビアニメに

…って、表紙に情報詰め込みすぎなんでは(笑)

 

字まで控えめな殿山君にニッコリしてしまうよ。

あああ、期待を裏切らないなあぁ…

世良の字も彼らしいですね。

登場が2コマだけとはいえ、クチ開けっぱなしで子供みたいだぞ22歳。

 

続きからネタバレ感想

 

 

選手達自身も落ち着いてるし、よく声掛け合ってるし

ドリさん気にしてないし(素敵…!)

達海は元よりどうでもいい話してるし(笑)

何より今まで積み上げてきたものを思うと、

山井さんや藤澤さんの危惧するような事には

ならんような気がするんですよね。

というか、そういう風に描かれてるような気がするんですが。

 

ベンチや観客席の選手には外から全体的に試合を見せて、

フィールドでは普段試合に出ていない選手が入っても

いつものETUの戦い方ができるかどうか連携を取らせて、

お手元のフリップでフィールドとそれ以外の選手を含めた

大きなイメージの統一を図ろうとしているのかなあ、と。

スタメンとそれ以外で分断されてしまうのではなくて、

観客席の選手にはフィールドにメッセージを送る事で

試合を見つつ参加させ、

フィールドの選手は観客席からのメッセージを受け取ることで

フィールド以外からの視点も共有できる、というか。

夏キャンプの内容を思い返すとそうなんじゃないかなと

思うのですが…

 

勝つに越した事は無いけど、

そういう意図でこの試合やらせてるんだとしたら

なんか負けても収穫ありそうだなって

気楽に構えてしまいますねー。いや勝つほうがいいんですが(笑)