モーニング45号 #224

前回の不足分を補って有り余るご活躍…

えへ…うえへへへへへへへへへ。

 

そんでスージーなのね(笑)

「スージーとクロエ ふたりはなかよし」とか書くと

若草物語とか赤毛のアンとかと同じシリーズで文庫本がありそうな感じ。

 

続きからネタバレ感想

 

 

「よし いい?」

 

 

「よし いい?」

 

 

「よし いい?」

 

 

御覧のブラウザがおかしいのではありません。

おかしいのは私のテンションです!

たぶんコシさんだったら「よし いいか?」とかだと思うんですよね。

ちょっとやわらかい感じが実に杉江らしくて、

もうこのコマ見るだけで、この台詞見るだけで、だめだ、幸せになる!!

 

前半から飛ばしてきた川崎は、後半必ずどこかで足が止まるだろうと指摘し、

その時にこちらがバテてないように指示する杉江。

 

「オーケー?」

 

オッッッケェェェェェェェイ!!!(ポーズ:昇竜拳

 

やめてくれこのペースでは体が持たん、いややめてくれるな。

 

その後の指示も分析的に冷静な視点からのものなのが

コシさんとの違いを感じられて面白いです。

コシさんは闘志が燃えるような、魂ガッと掴まれるような言い方ですよね。

そんでジーノが杉江の言葉とハーフタイムの達海の指示を上手くつなげてくれました。

分からなかったクロを笑いたい所だけど私も分からなかったので笑えない。

あっ、あらぶるクロをキヨに任せたまま杉江はスルーしてる。珍しい(笑)

コシさんが戻ってきたらまた相手してくれると思うけど

将来ホントに杉江がチームキャプテンになったらクロの手綱は誰が握ってくれるのだろう。

キヨでは明らかに無理くさい感じ(笑)

そしてクロがキャプテンになるという発想は浮かんでこない。

 

「こっちのストロングポイントが変わるわけじゃない」

「行ける場面ではどんどん行けよ」

とビシッと締め。カッコいい!

ガブはいい笑顔してるけど、「どんどん行け」以外の所が分かってるのかしらこの子…

 

後半開始のホイッスルが吹かれ観客席も盛り上がります。

その迫力に気圧されるような表情のコータの友達の横には…

「心配すんな お前らの場所はちゃんと守ってやっからよ」

羽田の指示で来てくれたスカルズの「ガタイのいい奴」の人が!

ついでにカレーも好きそうだ(偏見)

コータの熱弁に羽田だけでなくこの人も一目置いてくれたようです。

子供たちとスカルズにはこれでハッキリ光明が見えてきたようで一安心。

立役者のはずのコータがアレですが(笑)

 

川崎のハーフタイムの様子は八谷の回想から。

今日のETUはリスクマネージメントの部分で脆さがあると語る

ネルソン監督とそれを聞く選手たち…って誰この金髪長髪!?

と思ったらタオル頭から被ってるロドリゴか…

川崎は打ち合いに慣れている自分たちの力を信じ、

ETUがバランスを崩していくのを狙う方針の様です。

全体的には皆自信あり…の様子ですが2失点してしまった星野は

「俺が代表に呼ばれなくなったらどうしてくれんだ!!」

余裕も笑顔もどこへ行った星野…(笑)

 

記者席では、あ、来てたんだ、な山井さんが

前半より引いて守る川崎の守備をガブリエル対策だろうと分析。

しかしそれで川崎は守備的になるということはない、

システムを変更したら変更したで、それに対応出来る攻撃の形と選手がいる、

と川崎の強みを語ります。

それに対して今日のETUメンバーは守備の分を攻撃に回さないと

前半川崎を崩せなかったぐらいのバランスです。

DFが鍵、意表を突くプレー、ってことは危ないと思われてる

守備のバランスを崩してまで攻撃に持っていく…のかなあ。

なんでもできるタンさんが入ったし。

でもそうやってバランス崩した時が危ないよ、って言われてる訳で…

あああどうなるんだろう。とりあえず最後突破しようとしたガブがつかまりました。