モーニング7号 #235

今回のモーニングは過去の試合から相手を研究している様子の達海です。

表紙なのでいつものようなおやつは無しで普通にカッコいい表紙です。

ちぇー。ちょっと残念。

 

本編はまだエピソードの初めで

どれとどれが今後関わっていくのかどう転んでいくのか

まだ読めなくて正直感想書きにくい!な回でした…

 

続きからネタバレ感想

 

 

町のラーメン屋さんにポスターを貼らせてもらいに来ている

笠野さんと会長。

おお、ここはカミナリラーメンじゃないすか、懐かしい。

まだ達海に対してとんがってたあの頃のクロ…

今ではすっかり達海にイジられるのが板に着いてきたクロ…

これでラーメン屋のオヤジさんもクロや杉江の事選手って分かるようになるかなと

一瞬思ったけど、結局ずっと分かんなそうな気がするな。

 

帰り道、人をたらしこむ笠野さんの才能に感心して、

やる気があるならいつでも会長のポストを譲ってもいいというようなことを

言いだす会長。

笠野さんは過去の出来事を考えて、表に出て反感を買うことを避けるためにも

その話を断るんですが…会長!そうじゃないだろ会長!って言いたくなりました。

笠野さんとか、前あったみたいに達海とかに任すんじゃなくて、

いい加減自分がどうがんばるかっていう方向に頭を持ってって会長!

ジャイキリも長いですがETUのフロントが「変わった」って感じられたことは無いので

そろそろそれがあってもいいのになと思います。今回のエピソードがそうなるかな。

 

その後笠野さんと会長は偶然会った古株のおじいさんサポーター達から

頻繁にスタジアムに行ったりはしなくても、それぞれの形で

ずっとETUを見ていた町の人達が思っていたより多かった事を知ります。

にぎわいはすたれてしまったかもしれないけれど、一度火をつけられた人達の心に

ずっとETUのことが残っていたのはいいなあと思いました。

が、これはスカルズの問題にも関わってくるのかな。

そしておじいさんサポの口からは「次のアウェー千葉戦」の言葉が。

おじいさん達が何か企んでいるようなので、試合が描かれるんだと思いますが…

千葉戦かー。以前の試合は監督がちらっと出たぐらいだったと思いますし、

選手もどんな人が居るかとか、出てないですよね。

どんな試合になるんだろ。試合内容の方はあんまり描かれなかったりするのかな。

 

おじいさんサポから見せてもらったETU特集が組まれている雑誌の記事を見て

笠野さんが心配した通り、クラブハウス前はスカルズが怒り心頭で詰めかけてますよ。

対応した、というか売り言葉に書い言葉な勢いの副会長の

なんのためにサポーターをやっているんだという問いかけに、

羽田が「選手のためにやっている」と答え、回想が始まりかけた所で今回は終わり。

出るのか。以前の過去編で出たと思ったら結局顔見せで終わった羽田の過去が出るのか。

ETUへのねじくれた愛情の訳が分かるのか。