君の天井は僕の床 第1巻

鴨居まさねさんの「君の天井は僕の床」(集英社)第1巻を読みました。

雑居ビルに事務所を構えるデザイナーの鳥田さん(トリさん)と潮田さん(ウシちゃん)

を主人公に、その周りの人々の営みを含めた日々が描いてある漫画です。

 

特徴的なのはトリさんは老眼が始まった42歳で、

ウシちゃんも三十路には入ってる感じ、他の人もいわゆる「いい大人」な人たちで

恋愛模様なんかも繰り広げられてる所でしょうか。

 

その歳だからこその、カーッと熱くなったりということもなく、

それまでの経験から「こういう時にはこうなるよね」といった諦観が

含まれているものの、それでも純情で(主に本間さんが)心地よい

恋愛話が新鮮でした。

 

ゆるやかに恋愛の話が流れているなかで、ご近所さんの様々な仕事の

専門的な話が読めるのも面白かったです。

はんこ屋さん、時計のベルト屋さんなどなど。選ばれてる職業もちょっと変わってます。

 

なんかね、「ファンタジーだなー」とは思うんです。

専門職に就いて、せかせかし過ぎずに、仕事を日常を、皆楽しみを持って営んでいる。

現実的にはなかなかそうはいかないでしょ(笑)

仕事、健康、人間関係いろんな所をギシギシいわせながら、

責め立てられながら生きてる人が多いと思うし、

だからこそ彼女達の暮らしはファンタジーだなと思うんですが、

それが「嘘くせえ」ではなくて「いいなあ」と思えるのは作者の方の力量なんでしょうね。

 

猫成分が多いのもよいです。フミヤさんモフりたい。