読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング6号 #193

 

今回はさすがに松ちゃんにちょっと同情した回でした(笑)

 

続きからネタバレ感想

 

 

最後素で「えっ?」と声を上げてしまいましたよ。

その話はおいおいしておくとして、

 

「寝なーい!!」

「まずいですよ ふふ…

 眠いって言ってる本人がそんな事

 口走っちゃってる時点で…

 もうまずさ100%ですよ ふふ…」

 

今回の松ちゃんは好きでした。いや本人かわいそうだったんですけどね(笑)

言ってる事には同情できるし、慌て方に逆にこっちは和まされました。

「まずさ100%」とかの言い回し好きだなあ。

 

達海がそこまで眠くなってしまっているのはやはり試合が

想定外の展開にはなってないからだそうで。

まあケンさまのキャラクター的にも試合中一度も見せ場を作らないってのは

考えられない事ではあるんですが、

その下地をちゃんと達海指示のオールスター戦で描いてあるので

すんなり納得がいきますね。抜かりなしだな。

それにしても…

35歳の体育座りがかわいいのはどうしたことですか。

かわいく描いちゃうツジトモ先生がヤバイんですか

かわいくなっちゃう達海がヤバイんですか

かわいく感じる私がヤバイんですかどうなんですか。

 

「山形ペースだ」という山井さん。うん、そうなんだけど…

大丈夫、山井さんが言う事、

逆のフラグになってるの読者分かってる…(シムさん風)

その後の藤澤さんの

「今のETUに足りないのは…

 達海猛が率いるチーム独特の… 相手を出し抜く感じ」

というモノローグでも、さらにそれを後押しされた感じです。

それなんですよね。序盤の猛攻撃以降、作戦らしいものが見えてないんですよね。

あれだけ徹夜して考えてたんだからなにかあるはずなんですが。

 

山形の選手達もいける、という手ごたえを感じてる様子です。

その山形のメンデスさんに夏木は見くびんじゃねえぞと挑発を。

 

「今俺んところにドンピシャにボールが入ってたら

 ゴール決めてたぜ!?」うんうん。

「勿論そんなボールなかなか来ねえけどな!」うん(笑)

 

ああこの自滅する感じ、夏木だなあ。

しかもドンピシャつっても打ちやすいボールだったらかえって夏木入らないよね。

夏木の言動にメンデスさん静かに怒る。

こういう冷静さを失う描写も今後に影響しそうですね。

 

佐倉監督は山形ペースであることを感じながらも

ETUの手がこれだけなのかと懸念を抱き続けていた所に

宮野がアップしている情報が入ります。

 

「読み通りだ…!」

「もう迷う必要はない… チャンスだ…!!」

 

うーん来ちゃったなー。

こういう状況になるのを待たれてひっくり返されるようなパターンだな、

とは思ったのですが…

 

「ボッ」

「ドッ」

「ドシャアッ」

 

えっ?

世良が、世良が、あっけなくゴール決めちゃったよ!えええ?

擬音で言うとこれだけの、キヨからのクロスを合わせたシンプルなプレー。

あるけど!押されてたのにスポッと点が入っちゃう事あるけど!

こういう点の取り方ってETUが上手い上位のクラブみたい(笑)

 

思えばETUは下位常連のクラブでありながら、達海が監督になって変わってきたことや

山形の昇格したばかりというクラブの状況、佐倉監督と達海の関係など

自然とETUが「上」で「迎え撃つ」いうような印象を積み重ねてきたんですよね。

しかしそれが点の入り方でもそういう感じになるとは。

山形の描写が続いて山形戦冒頭の頃のその印象が少し薄れてきた所に

あらためてそれを思い出させるような描写が入る事に「上手いなあ」と感じました。

この結果は達海の作戦があったから、という事を期待したいのですが…

いずれにしろ次回ですね。