ワンダーストラック

 トッド・ヘインズ監督による映画「ワンダーストラック」を見ました。1977年のミネソタに住む少年ベンと1927年ニュージャージーに住む少女ローズ、異なる時代に生きる二人の物語がニューヨークで交差していく、という物語。

  話の筋はシンプルで人によっては先が読めるかもしれません。しかしとても豊かな映画だと感じました。

 シンプルな理由は原作が児童向けの小説だからかもしれないし、主人公二人が耳が聞こえないということにあるのかもしれません。ベンは物語の序盤で落雷により聴覚を失い、ローズは生まれつき耳が聞こえません。事故まで耳が聞こえていたベンの場面では人々の会話や街の騒音が流れますが、生まれつき耳が聞こえないローズの場面はモノクロでサイレント映画のように感情や物音が音楽で表され、言葉によるやりとりはごくわずかです。それでもその音楽や表情、しぐさが伝えてくれるもののなんと豊かなことか。ローズと同じ聾者であるミリセント・シモンズさんは演劇経験はあるものの、映画は初出演ということにも驚かされました。どれだけ自分が言葉を尽くさなければ伝わらないと思い込んでいたかに気付かされたようでした。それはまるでよく見知ったものの中に違う世界を見つけたような衝撃でした。

 作品の根底にある「ワンダー」がとても私好みだったことも引き寄せられた要因でした。主人公二人はそれぞれパパを探したい、心の支えの女優に会いたい、という思いでほんの少しの手がかりだけで大都会ニューヨークへ向かいます。一人で長距離バスや船に乗り、ピンチを迎えながら善意や不思議な縁に助けられ乗りこえていく。子供の頃、自分と同じような子供が繰り広げる冒険譚にワクワクした思い出がよみがえってくるようでした。しかも二人の交点が博物館というのがまたいい。ベンが道中友達になったジェイミーに案内されるのが博物館の中の隠れ家!そして深夜の博物館探検!小さいころの、いや大人になってからも夢見るようなロマンに胸がたかまります。深夜の博物館は昼間とはまた違った面があり、そこでも見知ったものの中に違う世界を見たような気持ちになります。

 母が亡くなった後おばの家で暮らすベンも、厳しい父との折り合いが悪いローズも、主人公たちは居場所がないという苦しみを抱えています。ベンは母との思い出が詰まる家が取り壊されるらしいことを知り、サイレント映画で安らぎの面影を追っていたローズはトーキー映画の出現で他の人と分け隔てなく楽しめる場所がなくなることを知り、居場所を求めて飛び出します。そして行き着くのが不気味なものも素敵なものもこの世を去ったものも集められている博物館。世界につまはじきにされたと感じた主人公たちがたどりつくのが世界の縮図、もうひとつの世界とも言える博物館だというのが素敵で。おとぎ話のような奇跡も描かれますが、そこへたどりついたのはもともと主人公たちがそういったものへ引きつけられ、興味や喜びを感じる、つまりワンダーを持っていたからなんですね。そして最後まで見ればそのワンダーが二人をとりまく人たちにも満ちていたことがわかります。

 そしてそれが二人にこれまでにない世界を見せる。距離を越え時を越えて人を結びつけるワンダーの光に満ちた素敵な映画でした。

GIANT KILLING感想目次(単行本)

単行本収録分ごとの感想です。

 

第51巻 #498~ #507

第50巻 #488~#497

第49巻 #478~#487

第48巻 #468~#477

第47巻 #458~#467

第46巻 #448~#457

第45巻 #438~#447

第44巻 #428~#437

第43巻 #418~#427

第42巻 #408~#417

第41巻 #398~#407

第40巻 #387~#397

第38、39巻 #368~#386

第37巻 #358~#367

第35、36巻 #338~#357

第34巻 #328~#337

第33巻 #318~#327

第32巻 #308~#317

第31巻 #298~#307

第30巻 #288~#297

第29巻 #278~#287

第28巻 #268~#277

第27巻 #258 #259 #260 #261 #262~#267

(#262以降は単行本での感想です)

第26巻 #248~#249 #250~#251 #252~#253 #245~#255 #256 #257

第25巻 #239 #240 #241 #242 #243~#245 #246 #247

(第25巻収録は#238からです)

第24巻 #228 #229 #230 #231 #232 #233 #234 #235 #236~#238

(単行本は#237までです。

 管理人の都合で#238まで入ってしまいましたがそんなにネタバレではないと思います)

第23巻 #218 #219 #220 #221 #222 #223 #224 #225 #226 #227

第22巻 #208 #209 #210 #211 #212 #213 #214 #215 #216 #217

第21巻 #198 #199 #200 #201 #202 #203 #204 #205 #206 #207

第20巻 #188 #189 #190 #191 #192 #193 #194 #195 #196 #197

第19巻 #178 #179 #180 #181 #182 #183 #184 #185 #186 #187

第18巻 #168 #169 #170 #171 #172 #173 #174 #175 #176 #177

第17巻 #158 #159 #160 #161 #162 #163 #164 #165 #166 #167

第16巻 #148 #149 #150 #151 #152 #153 #154 #155 #156 #157

第15巻 #138 #139 #140 #141 #142 #143 #144 #145 #146 #147

第14巻 #128 #129 #130 #131 #132 #133 #134 #135 #136 #137

第13巻 #118 #119 #120 #121 #122 #123 #124 #125 #126 #127

第12巻 #108 #109 #110 #111 #112 #113 #114 #115 #116 #117

第11巻 #100 #101 #102 #103 #104 #105 #106 #107

第10巻 #88~#97

ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN 希望も絶望も道あらばこそ

 先日、ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWNをクリアしました。それなりに長い期間リアルタイムで遊んできた私が最新作をどう感じたか書きたいと思います。

  

 私は弟の影響でACE COMBATシリーズに触れ、これまで3、04、5、ZEROと遊んできました。XはPSPでの操作に慣れずに未クリア。ファン歴のわりにはいつまでも下手で戦闘機の種類も覚えない、さほどディープではないファンです。

それでも映画のようなストーリーが自分のプレイで展開していく喜びや、それを後押しする素晴らしい映像、音楽などにほれ込み、ずっと追ってきました。

6以降はハードを持っていなかったりゲームから離れていた時期だったりで触れておらず、その間に熱も落ち着いてきて7の発表を「懐かしいな、新作出るのか」くらいに受け止めていた覚えがあります。シリーズで一番好きな04のストーリーを手掛けた片渕素直監督が新作にも関わること、印象深いラーズグリーズのテーマ曲、情報が新たになるにつれ徐々に昔のワクワクを思い出していきました。

同時にそれらが過去作で好評だった要素であることに少し引っかかりも感じました。ただ単に現行機で焼き直しをするだけにならないだろうか?そう感じたころに7が私が遊んできたシリーズの後の時代であること(3をのぞけば)、なじみ深いオーシアやエルジアが舞台となることが明らかになり、焼き直しではなく引き継いでいくのだと分かりました。ならその先になにを描くのか、不安は期待へと変わっていきました。

 

 新しく追加された雲や雷の影響も楽しませてもらいましたが、上に書いたようにやりこみプレイができるほどの腕がないファンなのでシステム面からあれこれ語ることはできません。なのでストーリー面から感じたことを中心に書きたいと思います。ラストまでのネタバレを含むのでご注意ください。

  

 7では様々なものが覆されていました。5のエンディングでやっと穏やかな時代を迎えるかと思ったオーシアは求められてもいないのに世界の盟主顔して嫌われものになっているし、04で壊して回った巨大兵器ストーンヘンジを今度は守る側になる。最初は過去の要素を出すことで長年のファンをよろこばせつつ驚かせる仕掛けなのかと思っていました。しかし次第にそれらが「プレイヤーが一旦平和をもたらしたところで戦争の火種は残るしいつまでも争いは続いていくのだ」と言っているように感じられてきます。新兵器の工場を指してこれまでの負の遺産が全て湧き出てきたようだと述べた台詞には思わず鳥肌が立ちました。それはプレイヤーが世界にもたらしたもののもう一つの側面でもあるからです。新兵器をねじ伏せたものがいたから次の新兵器が生まれてくるのですから。コゼット王女は軌道エレベーターの先が新たな混乱に繋がっているように思えると語っていました。希望の象徴さえも結局は絶望に転じてしまう。その後、その考えが変わるだけの経験を彼女はしましたが、最初に感じていたこともまた事実だと思うのです。

 このような描き方は作り手側のしがらみが投影されているようにも見えました。新しいことを生み出し、好評を得ても客はさらにその上を求めてくる。素晴らしいものを生み出せば生み出すだけ次のハードルは高くなる。

 一番楽なのは終わらせてしまうことです。一時でも平和がもたらされた絵で終われば美しい思い出が残るはずです。しかし今作には美しく散ることを拒絶する意志がありました。

 ミハイを死なせなかった結末に私はそれを見て取りました。今は亡き小国の王族、飛ぶことのみで存在感を放ち、国を亡くした者たちがそれに代わるほど心のよりどころとする人物。めちゃくちゃかっこいいです。しかしもはや居場所のない地上には興味がなく、空を自分の王国として支配したいという強大なエゴを持った人という印象も持ちました。自分のデータを吸い取った無人機が空を覆うことを後悔しているような台詞がありましたが、予想はついていたのではないでしょうか。プレイヤーはそうなることを阻止する立場になります。叶えられなかった望みとともに散ることは一種のロマンだと思うのですが、ミハイは生き延びました。飛べずなにも成せずに死んでいく残りの人生を罰ととらえるミハイと、老人が老人らしく死ねることこそが平和の意味と語るアビー。残酷で優しいこの場面がとても好きです。私はこの結末をロマンに殉ずることをせず、この先に新たな苦しみがあったとしても命を繋げていく、シリーズを続けていこうとするメッセージのような気がしたのです。

 

 敵側の英雄、といえば私は黄色の13を思い出します。最後彼は空に散り、悲しくも美しい思い出となりました。そんな04の副題は「Shattered Skies」砕かれた空、対しミハイが生き続けた7の副題は「SKIES UNKNOWN」未知の空です。砕かれ閉ざされてしまった空から開かれ拓いていく空へ。英雄の結末と副題の変化にもこの先へ、未来に向けて続けていく意思が見えた…というのはこじつけすぎかもしれませんね。

 

 7でこれまでのことが覆された先に見えるものは絶望だけではありませんでした。

 陰謀の裏にはベルカあり、のようにまで言われている今作のベルカ。シュローデル博士のマッドサイエンティスト然とした研究への邁進ぶりはむしろベルカ人がまっとうに世界のためになれることを証明しようとした結果であったことに胸を締め付けられる思いでした。国を亡くしたものが居ていいと許される場所を求める行動だったのですから。彼はこれまでのベルカを背負わされている人物です。 その一方、いつもおだやかでニコニコ笑っていて、ちっとも政治犯らしくなかったタブロイド。彼も心の中に抱えるものはあったでしょうが、ひとりの身でできる小さな人助けをして死んでいくなんてのはとても「ベルカ人らしくない」行動です。しかし彼の行動が限定的ながらも国境のない場所を作り出す礎になり、同胞や国を亡くした姉妹はそこへたどり着くことができました。核で世界をリセットせねば国境は無くせないと思い詰めていたピクシーたちが知ったらなにを思うでしょうか。ここにもまた切実だけど身勝手なロマンに殉ずることの拒絶を見たように思います。

 あの虚しさばかりがつのる状況で見ていることしかできなかった姉妹の、特に姉イオネラの怒りは彼女を捨て鉢にさせてもおかしくなかったと思います。そうして大人になり力を付けたものたちが起こした争いを治めるべく立ち向かう構図はこれまで何度か描かれてきました。しかし彼女は怒りを今を壊すのではなく先へ進む力とし、国に縛られている人や寄り掛かりすぎている人の心を解放しました。この場面も新たな世代の台頭のように思えました。

 

 様々なものが覆される状況は混沌を生み出し、わかりやすい立場をプレイヤーにも登場人物にも与えてくれません。そこになにを見出すかはその人の心次第、というのは今作のテーマのひとつですが、最後には続けていく意思とその先に広がる未知の世界への希望を見せてくれたように思います。「ハーリングの鏡」という言葉で人々に問われることとなったハーリング元大統領の行動の真意は最後までプレイすればわかりますが、二周目で該当ミッションの名前「灯台守」ですでに示されていたことに気付くくらいの塩梅も見事でした。察しのいい人ならすぐに気付いたのかもしれませんが、私は二周目でそこまで行って初めて「ああ…!」となったので。

 

 なにかを長い間続けていくのはそれだけで大変なことです。常にファンの期待に沿い、超えていく作品を作ることは難しいことだろうと想像できます。好きだった作品が過去の遺産を食いつぶすだけになっていくのを目の当たりにする悲しい経験もしました。なので遊ぶ側として最新作には不安もありました。ところがクリアしてみれば満足どころかこの先にも期待できる作品になってくれました。それがとてもうれしい。最初衝撃を受け戸惑いもした負の連鎖の描写は戦争を扱う以上ただヒロイズムに浸れるエンタメだけで終わらせてはならないという誠実さであるとともに、枷が増えつづけていく一方だとしても新たな空を切り開く歩みは止めないという意思表示だと今は感じています。

 むろんこの先が私の望む方向になるとはかぎりません。しかし希望も絶望も先へと続く道があればこそ抱くことができるものです。だから私はACE COMBATシリーズの世界に、それを愛するファンに、可能性を与えてくれたことを称え、よろこびたいのです。

 楽しかった!次回作も心待ちにしています。

 

 

GIANT KILLING 単行本第50巻感想

ジャイキリ第50巻の表紙、リアル日本代表のポスターみたいなかっこよさです。ていうか50巻か…すごいな…!

単行本が発売されたころ、ちょうどリアル日本代表もアジアカップで(それも狙っていたのだと思いますが)照らし合わせて読むと楽しさ倍増でしたね。イスラム系の服装でスタジアムが真っ白とか。ジャイキリで見たやつだ!(進研ゼミ)

 

続きからネタバレ感想

続きを読む

放課後のイケメンごはん ごはん比重多めのすこやかさ

 タイトルこれなのに、この子たち食べることにまっすぐだぞ…!親近感わくじゃない…!っていうのが第一印象でした。

ちまたには今「ごはん漫画」があふれていて、差別化を図るためにいろんな付加価値を付けたものも多いです。そんな中このタイトルだとごはんを通じてイケメンとお近づきになっちゃってドキドキ…!みたいな漫画だと思うじゃないですか。違った。晩御飯までお腹がすいて仕方ないから放課後なにか食べて帰りたい、でもおこづかいやバイト代で食べられる分は限られるから分けっこしてできるだけたくさんおいしいもの食べよう!という、どちらかといえば戦友になる展開だった。

 

 主人公の網名さんが日々おなかを鳴らしているのを聞いた隣の席のイケメン岡野君が寄り道に誘ってくれた、というなかなかの少女漫画的導入なのに、網名さんがイケメンは存在してるだけでありがたいから…という姿勢で恋愛的にどうこうなろうとしないさっぱり具合。岡野君もそんな気取らない網名さんとの寄り道に心地よさを感じて自然にふたりが仲良くなっていく様子はこちらもほんわかします。

また岡野君も食べることに真剣になりすぎてちょくちょくイケメンを逸脱してるから思わず笑ってしまう。第1話からハムスターみたいにほっぺ下膨れさせてるイケメンってなんなの。少ない予算だからメニュー選びを外したくない…!って悩みまくる気持ちも分かりすぎて、じつに親しみやすい。

やわらかくシンプルなかわいい絵柄なのにギャグのキレが鋭いギャップにもやられました。お寿司しか見えなくなってる岡野君も岡野君だがそれを「完全にお寿司・ザ・ワールド それは誰にも踏み込めない領域」とか評しちゃう網名さんいいコンビだよ。

岡野君のリクエスト優先したときに「これでよかった?」と確認してくれる岡野君の優しいところ素敵なんだけど、「私もそれ食べたかったからよかったよ~」とごく自然に返してくれる網名さんの受け答えがまたいいんですよね。こんな子と一緒にごはん食べたら楽しいだろうなってすんなり伝わってきます。

 

 予算の都合でドリンクにストロー2本差して分けっこして、お店の人に「カップルで交互に飲んでるのかわいいね~」って言われた時も「やだ…照れちゃう…」って展開になるのかなと思ったら!恥ずかしいから気兼ねなく食べるためにも今度はバイトしてひとり1個頼もう…って決意で終わるとか。他のお客さんに岡野君が注目されてるのを見ても網名さんの反応が「かっこいいでしょうそうでしょう」って満足気なだけだったりとか。いくらでも恋愛方面に進めそうなフックを外して、あくまで「おいしいごはんを心置きなく食べたい」というところの比重を多めにしてるのがこの漫画の特徴で私の好きなところでもありました。

とはいえ、岡野君はそれだけでもなくなってきたようで、網名さんの分も支払えるようにバイトを増やしたところなんかは「あらあらウフフ」と変化の予感に期待したのですが、網名さんが「自分の金で食べないと本来の味が分からなくなるんで」といさぎよさを発揮して断られてしまったり。岡野くんがんばれ。網名さんのその姿勢は好きだよ…

(ちなみにこのエピソードはコミック未収録なので公開されてるマガジンRのサイトで読もう。ページ下部にリンクがあります。)→

http://www.magazine-r.co/comics/ikemengohan/

 

ふたりのこの関係が好きなのでこのままでもいいな~でもこのすこやかさだから逆に?逆にカップルになっても?いい感じになりそうだよな~!と先を楽しみにWeb連載を追ってたところ、単行本が出ることを知り喜んだのもつかのま、巻数表記がないことに気付いてしまい…

きれいに終わっているのはせめてもの慰みですがもっとこのふたりを見ていたかった!しかし単巻で終わっているぶん、手が出しやすいとも言えるので興味があればぜひに。これがデビュー作の作者さん応援しようぜ。

 

 

AI育成お笑いバトル!師匠×弟子 私の映し

 NHKBSプレミアムで「AI育成お笑いバトル!師匠×弟子」という番組が放送されました。お笑い芸人などにまっさらなAIを渡し、約2か月半育成したのち、弟子として成長したAI同士が大喜利バトルを行うというものです。育成の方法はさらっと触れられたのみでしたが、どうやら師匠となる人の大喜利の答えを蓄積し、そこから学んでいくというやり方のようでした。

 

 番組では師匠となる人以外にも大喜利の答えを入力してもらうことが許されていました。面白いのはここで、師匠となる人が言いそうな答えを協力者が入力するんです。AIは師匠の映しとなっていくわけですが、本人からの情報だけでなく、他人がその人をどう思っているかという情報も反映されていくことになります。以前NHKで素人参加型の大喜利番組の司会をされていた千原ジュニアさんの元にはその精鋭たちが集まり、ロッチの中岡さんは相方コカドさんに相談し、大久保佳代子さんは事務所の若手に声をかけ、プロレスラー永田裕志さんは地元ファンに加えツテを頼って川島明さんの協力を取りつけていました。過去の実績、自分をよく知る相方、事務所の特色、幅広い対象+プロの補助。その人の社会的繋がりが大きく反映されていくのが興味深かったです。

 

 そしてひょっとしたら今後求められていくのはこっちの方なのかも、と思ったりもしました。脳の機能の解析やそれを機械に置き換えていく研究はこれからもされていくだろうけど、世間が求めるのは私をそのまま機械に移した私よりも「私の欲しい答えを出してくれるあの人」になるんではないかと。お笑いに限らずもっと実利的な才能部分だけを残す方が需要があるかもしれない。それは自分の痕跡を残したいという願いとは相反するんじゃないでしょうか。イメージから作られた自分に似た何かを忌避する感情も生まれるでしょう。それでもAIに誰かの映しを作ることが利益になると判断されれば人はどこまで求め、許すのだろうかと気になったりしました。